読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

上下動

乳には目がないが、尻も大好きな私は、尻のシルエットが露になるタイトスーツを着るよう、花子によく命じた。スカートでもパンツスーツでもいいが、腰まで切れ上がったハイレグのようなパンティラインがくっきりと浮き出るくらい、ピチピチの出立ちが理想だ。スタイル抜群の花子がそんな格好をすると、スケベ男どもの視線を一身に浴びる。そんな花子を連れて歩くのが、私の趣味でもあった。

一緒に歩きながら尻を揉むこともよくあった。花子は「やめてよ」と私の右手を払いのけるが、腰に回した右手を少しずつ下ろし、右側の尻を揉むのが特に好きだった。

ある時、花子が雑踏でどさくさ紛れに私の股間を左手で握り返してきたことがあった。偶然、隣でタバコを吸っていた、頭髪の薄い中年男に気付かれたが、誰もが振り返るいい女に公衆の面前で急所を攻められるのは、これまた最高の気分だった。

花子の尻は縦長にヒップアップしていて、歩くと上下に動く。東洋人特有の平べったいケツではなく、モデル顔負けの美しいヒップだ。だからこそ、歩く姿を後ろから見ると、男性の視線を釘付けにした。ましてやパンティラインが浮き彫りになっていれば、気にならない男などいるはずがなかった。

私はわざと人の多い大通りを並んで歩き、さんざん見せびらかしてから少し脇道に入った。同時に花子と抱き合うと、激しく舌をからませるディープキスをしながら両手を回してケツを揉む。さらにスカートをずり上げ、パンストをずり下ろすと、パンティをTバックのように生尻にくい込ませた。

「あふん」と花子は吐息を漏らす。脇道とはいえ、時折、人が通り過ぎる。痛いくらいの視線を感じながら、私はさらにくい込んだパンティを引っ張り上げた。「いやん」と言いながら花子は生唾を飲み込んだ。

火がついたらもう止まらない。今度は前から花子の秘所に手をやると、パンティはすでに湿り気を帯びていた。豆を刺激し、穴に指を入れると、花子は膝を震わせた。

さらにブラウスの中に手を入れ、ブラジャーのホックを外す。前屈みになった花子の美巨乳がポロリと顔を覗かせる。花子は左腕で胸を、右手で秘所を隠すが、押し寄せる快感の波に抵抗はできない。

私が本腰を入れて指マンをすると、最後には甘蜜がタラリと太股を伝った。

「イクッ」

小さい声で花子は絶頂に登りつめたことを伝えた。ふと我に返り、後ろを振り向くと、マジマジとこちらを凝視している頭髪の薄い中年男が、タバコをくゆらせていた。

圧力

圧力に屈するほど屈辱的なことはない。しかし、今日は屈してしまった。認めたくないが、論破されてしまった。反論を試みても、その言葉を言い終わらないうちに封じ込める、そのやり口は意地汚いとしか言いようがないが、私もそれに負けてしまった。やはり文句は言わず、自己主張はせず、波風立てず、素直に従うのが正解なのか。私にはできない。出世のために自分を曲げることはできない。ていうか、できたらとっくに出世してる。あぁぁぁ、ストレスが溜まる。こんな時はまーこに抱き締めてほしい。正常位で挿入したまま、優しく後頭部をなぜてほしい。このイライラを鎮めようにも、手段がない。何も望まず、謙虚に生きるしかないのか。我慢し続けるしかないのか。根が欲張りの我儘だから、それを続けられるほど人間ができてない。やっぱりまーこに褒めてほしい。頭をなぜて、いい子いい子してほしい。受け止めてほしい。

忘れられた?

久しぶりに会った人に握手を求めたらスルーされた。確かに一度目が合ったはずなのに、先方は私の隣にいた人に歩み寄って握手した。なぜでしょうか?久しぶりすぎて私の顔を忘れていたのか、その前に私が居眠りしたのが気に入らなくて腹いせしたのか。それはないか。やはり前者だろうな。あぁ、腹立つ。忘れられていた自分が情けないが、それ以上に腹が立つ。あの扱いはないだろう。イライラはやがてムラムラに変わる。こんな時はまーこにしゃぶってもらうに限る。小さい口をすぼめて抜群の吸引力で抜いてもらうしかない。帰ったら理由も話さず、すぐにズボンを脱ごう。

男をダメにする女

尽くしてくれる女性は男にとって理想だが、それに慣れて当たり前になってしまうと、どんどん満足できなくなっていく。まーこはまさにそんな存在だった。

一度しゃぶり始めると、「よし」と言うまでしゃぶり続けた。フェラの技術は相当高かったが、遅漏の私が口だけでいかせられることは滅多になかった。ただ、疲れ気味で腰を振るのがしんどい時は、イクまでしゃぶらせた。

風俗のように時間制限があればイクように神経を集中させるが、まーこの場合はそんな必要はない。「しゃぶって」と言えば、ズボンを下ろし、パンツを脱がせてくれる。私はただ身を委ねるだけだ。

両足の間にしゃがみこんで逸物をくわえ込むと決して離さない。不覚にもイキそうになると、スマホをいじって気を紛らわせた。

最長で1時間くらいしゃぶらせたこともある。そこまでやると快感に慣れてしまい、射精は不可能だ。そんな時は罰として、騎乗位で挿入し、私がイクまで腰を振らせた。とにかく私の体力、労力を使わずにイクことが最優先だった。

 

海の家

花子との夏の思い出といえば、海の家を思い出す。

Fカップでウエストはくびれ、美尻が突き出た花子がビキニを着ると、ビーチの男性の視線を独り占めした。

お互いの体に日焼け止めを塗り合うと、改めてスタイルの良さに惚れ惚れする。波の音を聞きながら夏の日差しを浴び、さらに通り過ぎる男の視線が隣の女性に集まるのを見るのは最高の気分だ。私は鼻高々で、股間も高くなりっぱなしだった。

少しだけ海に入ったが、花子はカナヅチで運動も得意ではないため、すぐに出た。日光浴も長時間に及ぶと退屈になり、海の家で焼きそばを食べることにした。綺麗とは言えないプレハブの小屋で食事をする花子の姿はさらに存在感が際立ち、周囲の視線を痛いくらいに感じた。

私はいよいよ我慢できなくなり、2人でシャワー室に入った。別に体を洗いたい訳ではない。入るなり、花子にディープキスをすると、花子も舌を絡めてくる。私は両手を回して尻を揉み、さらに背中に手を回してビキニの紐をほどいた。

見事なまでの美巨乳が露になる。さっきまでまとわりつくようなスケベな視線を送ってきた男性諸氏に見せてやりたいくらいだ。

私が乳首を口に含み舌で転がすと、花子は「クゥン」と唇を噛んだ。左手でもう一方の乳首を刺激し、右手は下腹部に伸ばす。花子も高まってきたのか「しゃぶらせて」と耳元で囁いた。

私は躊躇うことなく水着を下ろし、ビンビンの逸物を取り出した。花子もすぐにしゃがみこみ、先端から裏筋までゆっくりと舌を伸ばす。そして根元までくわえ込むと、ストロークの長いディープスロートだ。

私はイキそうになったため、フェラを止めさせ、尻を突き出させた。水着は足首までずらして生で挿入すると、最高の快感が押し寄せる。花子も指を噛んで声が出そうになるのを堪えていた。

外からは大学生らしきグループのはしゃぐ声が聞こえる。喧騒に紛れて私は何度も思い切り腰を打ち付けた。そのたびに尻肉がたぷつき、巨乳が大きく揺れる。体位を変える余裕もなく、射精の欲望に負けた私は、花子の中に全てを注入した。

「もういっちゃったの?」

花子は物足りなさそうだったが、再びしゃがみ込むと、汚れた逸物を口に含み、きれいに舐め取ってくれた。

ラブドライブ

花子とは時々ドライブにも行った。ある時は助手席で全裸になるように命じたこともあった。

秋が少しずつ深まりつつある時期だったと思う。仕事中はボディラインが露なタイトスーツを決め込む花子だが、オフだったその日は珍しくシックなベージュのワンピースでスカートの丈も膝下まである出で立ちだった。とりあえず「いつもと雰囲気が違うけど、よく似合ってるよ」と褒めたが、内心は少し不満だった。花子の素晴らしい体を世の男性諸氏に見せびらかしたかったからだ。

昼間は普通にデートを楽しみ、夕食を済ませた後だった。私は車に乗り込むとすぐ服を脱ぐように言った。「えっ⁉」と花子は聞き返したが、私は何のためらいもなく「どうせ帰って脱ぐんだから一緒じゃん」と言った。こういう無茶な要求をする時は遠慮せずにズバッと言うに限る。

「イヤだよ」と拒否する姿勢を見せる花子を「じゃあ、ここでサヨナラする?」と追い詰めた。花子は追い込むほどドMぶりを発揮する。「もう真っ暗だから外からは見えないって」と背中を押すと、「分かった」と言って素直に脱ぎ始めた。

Tバック1枚になった花子の体は、やはり絶品だった。すぐにでも抱きたくなる自分を抑え、私はアクセルを踏んだ。

信号待ちで隣に並んで車が止まるたび、花子は美巨乳を腕で隠した。運転中、私は勃起しっ放しだった。しかし、走行中はバレそうにないことが分かると、花子も徐々に慣れてきたようで、普通に会話をするようになった。

私の加虐心が頭をもたげる。私はファーストフード店のドライブスルーを見つけ、迷わずハンドルを切った。店員のお姉さんに注文したが、意外に気付かれない。花子は深く腰掛け、うつむきながら美巨乳を腕で隠している。商品を受け取り、「はい、花子」と手渡した時、ようやく気付いた店員の驚く顔が最高だった。

ドライブスルーを出ると、次はコンビニに入った。駐車場に止めた車に花子を残し、私は買い物をしに店に入る。花子はドライブスルーと同じ体勢で身をすくめていたが、人の出入りの多いコンビニなので、異様な空気を察知した人もいただろう。しばらく雑誌の立ち読みをする振りをして花子の様子を伺った。私は股間が痛くなるくらいギンギンだった。

私自身が我慢の限界を感じ、コンビニから近くの道路脇に車を止めた。もう帰るまで待てない。私は花子にキスをし、美巨乳を激しく揉んだ。逸物を取り出し、しゃぶらせた。その間も乳首をいじくり、秘穴を刺激した。花子もグショ濡れだった。

花子は自らまたがってきた。カーセックスは狭いので好きではなかったが、花子の積極的な姿勢に少し気圧された。運転席のシートを倒し、騎乗位になると花子は激しく腰を振る。膨張した亀頭は間もなく花子の中で噴射した。まさに秒殺されてしまったのだった。

なぜか敗北感のようなものを覚えた私は「もう服を着ていいよ」と精一杯の上から目線で許可した。

踊り場で…

社長に気に入られ、大型契約を取れた私は、花子を多くの人に見せびらかしたい欲求にかられた。ある秋の夜長にマンションの階段の踊り場でしたこともあった。

私の自宅でいつものようにSEXを始めたが、どうも刺激が足りない。対面座位の最中に立ち上がり、いわゆる駅弁の体勢になると、私はそのまま一歩ずつゆっくりと歩いて玄関を出た。もちろん2人とも全裸だ。花子は「どこに行くの?」と不安そうに聞いてきたが、私は答えず、踊り場に挿入したまま座り込んだ。

再び対面座位で突き上げる。もし誰か来たら…と思うと、興奮が倍加した。エレベーターが動くたび心臓の鼓動が速まる。私たちのフロアを通過するたび胸を撫で下ろすが、窓ガラス越しに見られたような気もする。

私は立ち上がり、エレベーターの方を向いて立ちバックで挿入した。花子は声を押し殺していたが、時折「フン」「アン」などと艶かしい声が漏れる。

外で全裸、しかも誰がいつ来るか分からない、というシチュエーションはたまらない。絶頂が近付いてきた頃、エレベーターがまたしても1階から上がってきた。ドキドキしながらも私はピストンを続けた。私たちのフロアは通過したが、中にいた中年男性と目が合った。それまではスマホをいじっていたり、意外に外を見ていない住人が多かったが、その男性には間違いなく見られた。

それでも通過した安堵感を得て、より快楽に没頭できた。激しく恥骨を打ち付けると、スパンスパンと踊り場に反響する。花子のFカップ美巨乳が激しく揺れる。その時、先程の男性が降りたと思われるフロアからエレベーターが下りてくるのが分かったが、射精の欲求を止められない私は、さらにピストンを速めた。

その時だ。エレベーターが私たちのフロアで止まった。

同時に私は「もう、たまらん!」と思い切り、花子に中出しした。

エレベーターの扉が開く。中には誰もいない。奥の壁に張り紙がしてあり、よく見ると「スケベ!」と書かれていた。