読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

夜の公園

温泉だけでは飽きたらず、花子とは夜の公園にもよく行った。お気に入りは青姦スポットとして有名な某公園。覗き魔に見せつけるようにセックスするのは最高に興奮した。

夜も更けた頃に街灯が当たらない場所にあるベンチに座る。夜の公園は静まり返っているが、なぜか人の気配を感じてゾクゾクする。

花子と濃厚なディープキスをし、服の上から胸を揉む。さらにシャツのボタンを外して背中に手を回し、ブラのホックも外す。弾むように飛び出す生乳は見事な形とボリューム感だ。私は間髪入れずに吸い付く。左右満遍なく、乳首を舌で転がすと花子は鼻を鳴らす。

さらに下腹部に手を伸ばす。タイトスカートをずり上げ、Tバックのパンティを触るとすでに湿り気を帯びている。花子が最も敏感に反応するクリを刺激すると、決まったようにあえぎ声を漏らす。激しく擦ると声は一層大きくなる。その声に吸い寄せられるように、覗き魔が周囲に集まってくる。ハッキリとは見えないが、木陰に人の気配を感じた。

私は花子の穴に指を入れてかき回す。愛蜜があふれ、クチュクチュとスケベな音がこだまする。花子の声がさらに大きくなると、不自然に隣のベンチに独り腰掛ける男が現れた。ふと見上げた街灯には蛾が集まっており、私は少し笑いそうになった。

無数の視線を感じながら、私は如意棒を差し出し、花子にフェラを求める。私はベンチに腰掛けて花子を正面に立たせ、美尻を突き出した体勢でしゃぶらせた。静まり返った夜の公園に、チュパチュパと淫靡な音が響き渡る。最初は稚拙だった花子のフェラも随分うまくなった。星空を見上げながら花子のフェラを堪能するのは最高の気分だ。

周囲に見せつけた後、いよいよ挿入する。花子のスカートを捲り上げ、Tバックを履いたまま横にずらし、後ろから突き刺した。尻肉がたぷつき、美巨乳が大きく揺れる。隣のベンチに座った男はこちらを見ながら堂々と逸物をしごいている。あちこちの木陰でも姿は見えないが物音がする。

私はさらに激しくピストンし、花子をよがらせた。さらに体位を変え、ベンチに腰かけて対面座位に移る。これならどの角度からも花子の顔と乳の揺れがよく見えるはずだ。私は尻肉を揉みながら何度も思い切り突き上げた。

ふと急にもよおし、堪えきれずそのまま一気に中に思い切り噴射した。花子は子宮で全てを受け止めると、ゆっくりとしゃがみ込み、いとおしそうにイッたばかりの私の分身の汚れを舐め取った。隣のベンチから「ウッ」という声が聞こえ、視線をやると男がフィニッシュしていた。

混浴露天風呂(続)

私は花子に中年男性の方を向いて座らせ、両脇の下から両手を回して乳を揉みしだいた。2人の男性は前のめりになってこちらを凝視している。服を着ていてもすれ違う男が振り返るほどの美人が、全裸で乳を揉まれているのだから、興奮しない男はいないだろう。

私自身もすでにコチンコチンになっていたので、愛撫もそこそこに花子を立たせ、バックから突き刺した。もちろん、顔は2人を向いたままだ。

少し湯にのぼせ気味だったが、挿入すると快感が勝り、熱さは頭から消え去った。ピストンするたび花子の尻がたぷつき、乳が揺れ、アンアンとあえぎ声がこだまする。最初は花子の腰をつかんでいたが、途中から花子の両手をつかみ、2人に顔と乳がより見えるように花子をのけぞらせた。その方が奥まで挿入でき、私の快感も倍増した。

射精の欲求に耐えながら、風呂の縁で対面座位、さらに洗い場で騎乗位になった。腰がくびれ、美巨乳の花子の騎乗位は、本当に見栄えがする。長い髪をかき上げながら腰を前後に振る姿は、色っぽいという表現では足りなかった。ふと気付くと、もう1人、老人男性のギャラリーが増えていた。中年男性の1人はいきり立った分身をしごいていた。

そして正常位でフィニッシュへと向かう。花子の乳が私のピストンに合わせて激しく揺れる。最高に気持ちいい。イキそうになった、その時だった。

突然、分身をしごいていた男性が私たちに近づき、花子に顔射したのだ。

「いやん!」

花子は顔を背けたが、鼻筋の通った鼻ときれいに整った眉毛、濡れた髪の毛に白濁液がベットリとついた。私は呆気に取られたが、スペルマの噴出を抑えることができず、腹の上に射精した。

「あんたら最高や」と関西弁で捨て台詞を吐き、満足げに引き揚げていく中年男性の後ろ姿を見ながら、私は複雑な気分だった。

混浴露天風呂

私は花子という高嶺の花を自慢したくて仕方なかった。そもそも不倫という関係性から人目を忍んで会っていたが、やがて世の男性諸氏に、これだけのいい女が私の言いなりであることを知らしめたいという欲望が芽生えた。とはいっても仕事関係にバレるとまずいので、とある片田舎にある混浴露天風呂へ2人で出かけた。

そこは言わずと知れた温泉で、一般人からマニアにまで人気があった。私たちはあえてまだ日が沈む前の夕方を狙った。

一糸まとわぬ花子の姿は改めて惚れ惚れする。形、ボリュームとも完璧な乳房の上に、ツンと上を向いた乳首は桃色だ。S字を描くように腰はくびれ、大きくも小さくもなく引き締まった縦長の尻、程よい肉付きの太股。なぜ、こんないい女が私と付き合っているのか不思議な気持ちになる。

花子は初めての混浴に緊張気味だったが、タオル1枚で最低限のカバーだけして、浴場の扉を開けた。まだ時間が早いせいか、岩風呂に老人が一人入っているだけだった。花子が近付くと、その老人は目を丸くして驚いている。その視線は花子の裸体に釘付けだ。私がかけ湯をして入ると、すぐに花子も続いた。しばらくは素晴らしい湯加減を楽しみたかったが、老人がチラチラとこちらを見るので、私はサービス精神を発揮した。

まずは湯船の中で花子の胸を揉む。花子はうっとりした表情で私にキスをせがんだ。唇を重ねながらイチャついていると、老人が照れもなく完全にこちらを向いているのが分かった。

すると、入り口から中年男性が一人入ってきた。ギャラリーは多いほどいい。私はすでにギンギンに勃起していたので、岩に腰かけてフェラを命じた。花子は亀頭の先端を舌で刺激し、裏筋を攻めてきた。

中年男性もすぐに異様な雰囲気に気付き、風呂に飛び込むと不思議そうな顔でこちらを見ている。まずはご挨拶、とばかり、いったんフェラを中止させ、花子の美貌を披露した。ギャラリー2人が息を呑むのが分かった。

M調教

花子のM気質に気付いた私は、その素質を開花させようと様々な試みをした。

まずは遠隔操作できるリモコンバイブを装着して外を歩いた。抜群のプロポーションを際立たせる白のワンピースのボディコンで、胸元は大きく開き、双丘の谷間が露になっている。ノーパンノーブラで、パンストだけがバイブが落ちるのを防いでいた。

5メートルくらい後ろを歩きながら私がスイッチをONにすると、花子は一瞬動きを止める。泣きそうな顔でこちらを振り返るが、私は知らんぷりを決め込む。コンビニに買い物に行かせ、外で待つ私は花子がレジに並ぶ間にONとOFFを繰り返す。時折、腰を曲げながらも必死に平静を装う姿が加虐心を刺激した。

買い物を済ませて店を出てきた花子は「もう無理」と懇願するような表情を見せる。私は路地に花子を連れて行き、スカートを捲り上げてバイブを取り出す。花子のアソコから密汁が滴り落ちた。

「仕方がない雌豚だな」

私はファスナーを下ろしてご褒美を差し出した。花子は間髪入れずにしゃがみ込み、根元まで呑み込む。まるでお預けを食らっていた犬ががっつくようだ。私と会瀬を重ねるうち、花子もフェラがうまくなった。イキそうになるのを堪え、後ろ向きに立たせてぶち込んでやると、「くぅぅん」と本当に犬のように鼻を鳴らした。ノーブラの乳を服の上から揉むと私の興奮度もMAXに達し、白いワンピースの上に大量のザーメンを放出した。花子はすぐに振り向き、いったばかりのチンポをいとおしそうにしゃぶった。

なぞる指先

宮崎で結ばれてから私と花子は、まさにセックス三昧の日々を送った。仕事で会う機会も多かったため、アフターファイブだけでなく勤務中にもお互いを求め合った。

ある夏の日、電車に一緒に乗った時だった。ドアのそばに花子が外を向いて立ち、その後ろに私が立った。昼間の時間帯だったので車内はそれほど混んでいなかった。私は花子に密着すると股間を花子の尻に押し付けた。肉棒は血流がみなぎり、硬直している。花子は「いやん」と小さな声を出したが、体勢を変えることはなく、そのまま車窓を眺めていた。

興奮してきた私は左手を花子の腹部に回す。さらに少しずつ手を上昇させ、ブラウスの上から胸を軽く触った。

職場や取引先から陰で「米倉涼子」と呼ばれているほどの美貌と色気を持つ花子は、タイトスーツが本当によく似合った。この日も白地にピンストライプのブラウスに紺のタイトスカートという出で立ちで、まさしく「仕事のできる、いい女」だった。

私はブラウスのボタンを2つ外し、中に手を忍ばせた。周囲の視線が気になるが、それもまた興奮を倍増させる。静かにブラをずらし、乳首をつまむ。横から花子の顔を覗き込むと、下唇を噛んで声が出そうになるのを必死に堪えていた。

花子も我慢できなくなったのか、しばらくすると右手を私の股間に伸ばしてきた。ギンギンに硬直したチンポを長い指先でなぞる。私たちは次の駅まで真っ昼間の電車内でお互いを刺激し続けた。

駅に着くとすぐに2人でトイレに入り、交わったのは言うまでもない。

宮崎の夜(続)

花子の背中に手を回し、ブラのホックを外すと、たわわに実った美巨乳が飛び出した。Fカップはあると思われる双丘は形、柔らかさ、乳輪の色、全てが完璧だった。

私はまずはゆっくりと揉みしだき、感触を味わった。顔を見上げると花子の瞳は潤んでいる。さらに乳首をつまむと、照れ臭そうに視線を外し、私に身を預けてきた。私は花子の背中を左手で支えながらゆっくりとベッドに横たわらせ、今度は乳首を吸った。花子は「んんん」と言葉にならない声を出した。

両乳首を味わった後、右手を下半身に移動すると、パンティの上からでもすぐに分かるほど濡れていた。しばらく布越しに柔らかい刺激を与え、次にパンティの中に手を忍ばせた。そこは「洪水」という表現がピッタリなほど密で溢れていた。

「恥ずかしい」

花子の反応は意外にも初々しかった。まさか処女ではあるまいが、経験は少ないのかも知れない。美貌を見ていると私は我慢できなくなり、花子の両足の間に割って入った。

「挿れるよ」。そうつぶやくと同時に生でねじ込む。蜜壺は私自身を簡単に呑み込んだ。いや、「吸い込んだ」という表現の方が適切かも知れない。それほどの吸引力で、肉棒は根元まで完全に見えなくなった。

ゆっくりと腰をグラインドすると、猛烈な快感に襲われた。私はスキンを装着しなかったことを後悔した。それほど、すぐにイキそうだった。射精をコントロールしたい時、私は頭に思い浮かべる人物がいる。その人物のことを考えると萎えるので好都合なのだ。

しかし、この時はその人物を凌駕する快感に襲われた。挿入してまだ5分も経っていない。「もうイキそうだ」と恥を忍んで打ち明けると、花子はこう言った。

「中に出して」

私は目を丸くしたが、花子は両足を私の腰に回し、ガッチリとホールドした。私は戸惑ったが、射精の欲求を抑えられず、半ばやけくそで思い切り噴射した。恥骨を強く打ち付け、最後の一滴まで残さず中出しした。

宮崎の夜

花子と初めて結ばれたのは出張先の宮崎だった。先乗りしていた私に遅れること3日。花子が合流し、夜は他の社員も含めて宴席を共にした。

以前から私は花子を狙っていたし、実際に仲も良かった。宴席がお開きになり、それぞれ宿泊するホテルの部屋に戻ってから私は花子の携帯を鳴らした。

「飲み直さない?」

ついさっきまで盛り上がっていたので当然OKしてくれるものだと思っていたが、花子の返事は以外につれなかった。

「飲み過ぎたし、やめとく」

出張先で一緒になることなど滅多になかったので、私は簡単にはあきらめきれなかった。それから何をしゃべったか覚えていないが、「じゃあ、今から部屋に行っていい?」と聞いてみた。「ダメ」と言う花子に部屋番号を聞くと「201」と教えてくれた。「今から行くよ」と再度聞くと「ダメ」と同じ答え。私はいてもたってもいられず、電話を切ると201号室に向かった。

ドアをノックすると花子が隙間から顔を覗かせた。

「ダメって言ったじゃん」

そう言いながらも拒絶する雰囲気ではなかった。私はドアをこじ開け、部屋に入り込んだ。

それからベッドに2人で並んで座り、何分くらい話しただろうか。花子の方から「私のことをどう思ってんの?」と聞いてきた。私は「好きだ」と答えると同時にキスを迫ると花子は拒まなかった。

舌をねじ込むと花子も応じてきた。会社や取引先から「米倉涼子」と呼ばれるほどの美貌と色気を持ちながらキスはうまくなかった。ひょっとしたら恋愛経験は少ないのかも。私はそう思った。

口づけは止めずに右手を花子の胸に伸ばす。カットソーの上からでも、その弾力性とボリューム感は十分に分かった。私はそのまま花子をベッドに押し倒した。花子は「優しくして」と訴える。私は小さくうなずくと、右手を下半身に移動した。スカートをめくり、パンティの上から秘孔をなぞると、湿っているのが分かった。

男性諸氏誰もが憧れ、通り過ぎる男が振り向く、最高の女をついに抱ける。私の興奮はMAXだった。