読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

ツートップ

サッカーでFWを2人配置する攻撃的システムをツートップと呼ぶ。エースストライカーが1人しかいないと相手のマークもきつくなるが、2人だと分散して得点を奪う確率が高まる。必然的にサポーターが沸くシーンも増える。

そんなツートップも会社組織においては不要だ。朝令暮改部長の下にいる副部長は、部長の顔色をうかがいながら違う指示を出してくる困り者。私が相手DFだとすると、確かにマークが分散して、しょっちゅう攻められることになる。ツートップでも意思統一していればいいが、それぞれが違う考え方なので本当に厄介だ。

しかも副部長は部長にたてつくことはないので、副部長に指示されて遂行した仕事が部長の一言で覆され、全くの無駄骨に終わることも少なくない。DFとして無人のゴールに突き刺さった相手のシュートを茫然と見つめるしかない、そんな心境だ。

両雄並び立たず、と言うが、このツートップ体制はいつまで続くのか。しがリーマンは当面、耐えるしかない。