読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

昔話

先人の話には耳を傾けるよう努めるべきだと思う。自分より長く生きているということは、どんな人でも間違いなく自分より経験を積んでいる。成功にしろ、失敗にしろ、経験に勝る教材はないはずだ。より効率的に生きようと思えば、先人の経験談を自分に置き換え、実践することが近道だろう。

それでも人は失敗する。かつて何人もの先人たちがしてきたのと同じ失敗を繰り返す。忠告に耳を傾けず、我が道を突き進んだのならともかく、先人のアドバイスを忠実に守っても必ず成功するとは限らない。

酒を飲みながら同じ話を何度も聞かされると、最初はありがたいと思って聞いていた話も、いい加減うざったくなる。自分を否定したくないのは分かるが、時に自慢話にしか聞こえない話も少なくない。いくら仕事と分かっていても反論したくもなる時もある。とりあえず相づちは打つが、話の大部分は聞き流している。だから私は失敗するのかも知れない。

強いて言うなら、逆の立場になった時、相手にそう思われないように注意するだけだ。