しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

レギュラーと補欠

甲子園を目指す高校球児の戦いが本格化してきました。何を隠そう、私は高校野球が好きなんです。新聞の片隅に載る地方大会の結果を隅から隅まで目を通します。短い記事さえ載っていない、たった1行のスコアを見て、その中にぎっしり詰まったドラマを想像します。

今年は早実・清宮選手に注目が集まりますが、私はスター選手よりスタンドの補欠選手に目が行きます。3年間、死物狂いで練習して(中にはサボっていた選手もいるでしょうが)、ベンチにさえ入れなかった選手たちはどんな思いでグラウンドを眺めているのでしょうか。チームメートに声援を送りながら、本気で勝利を願っている選手ばかりではないでしょう。

私は中学、高校と運動部に所属していましたが、いずれもレギュラーにはなれませんでした。

正直、試合に出ていない時はちっとも面白くありません。それまでの練習を真面目に取り組み、いくら頑張っても、レギュラーと補欠という明暗はハッキリと出ます。自分でも納得できる場合ならともかく、そうでない場合は「監督の好き嫌いで選んでる」などと疑念を抱いてしまいます。

最後の公式戦でライバル校に勝って嬉し泣きしているチームメートを見ながら「受験勉強に差し支えるから早く負けてほしい」と思ったのを覚えています。もちろん、口には出しません。一応、喜ぶ振りをしながら内心は全く嬉しくありませんでした。

サラリーマン人生も同じです。出世して幹部というレギュラーに選ばれるのか、ラインから外れて補欠になるのか。それまで一緒に汗水垂らして仕事をしていた同僚とも明暗は分かれます。

そう考えると、私は人生で一度もレギュラーになったことがありません。人と争うことが嫌いなので他人を押し退けてまで出世したいとは思いませんが、こうも補欠生活が長くなると巻き返してレギュラーを奪ってやろうという意欲も萎えてきます。

それこそ「監督(上司)の好き嫌いで選んでる」と疑心暗鬼になります。

人生の幸せとは何なのでしょうか。出世に幸せを見出だせない私ですが、補欠生活が面白くないこともまた確かです。

広告を非表示にする