しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

品格について

大相撲の白鵬が39度目の優勝を飾りました。横綱の強さにケチをつけるつもりはありませんが、どうも気になることがあります。

まずひとつは、白鵬が立ち合いで張り手やカチ上げを多用する点。横綱に対して張り手をするのは失礼とされているため、常に白鵬が一方的に相手の顔をはたく形になります。

別に反則ではありませんし、時々ならともかく、ほぼ毎日するのは最高位に立つ者としてどうかと私は思います。相手は張り手をされると分かっていても横綱に張り返すことはできないため、叩かれるのみ。将棋なら強い者は飛車角抜きで戦ったりしますが、白鵬に限っては強い方が武器を持っているようなもんです。

もうひとつはガッツポーズをすること。相撲道では勝っても相手を思いやって喜びを表現しないよう教えられるはずです。さすがに土俵上ではしませんが、花道で派手に喜んでいるのを見るたび嫌な気分になります。横綱なら優勝しても当たり前というくらい、堂々としていてほしいものです。

さらに懸賞金を受け取る時も高く掲げて誇示します。土俵を降りる際も頭をちょこんと下げるだけで、お辞儀になっていないように見えます。

報道では白鵬は引退後に日本国籍を取得し、親方になるとか。その前に横綱としての品格を磨くべきではないかと私は思います。