しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

略奪不倫

元SPEEDの今井絵理子議員が略奪不倫をしているとの報道がありました。本人は「一線を越えていない」と否定し、相手の神戸市議も同調、奥様とは夫婦関係が破綻していることを明かしました。

ただ、両者ともお互いに好意を寄せていることは認めるという、なんとも苦しい会見で、神戸市議は汗を噴き出しながら弁明していました。30を越えた大人が、そんなプラトニックな恋愛をするとはにわかに信じられませんし、新幹線の座席で手を繋いで居眠りしている写真が出ている以上、疑われるのは仕方ありません。

政治家といえど恋愛をするのは自由です。ただ、神戸市議は離婚調停中とはいえ妻帯者であるという点が今回の騒動を大きくしてしまいました。

それでも今井議員がシングルマザーとして苦労していることを考えれば、誰かに寄り添いたい、と思うのは当然で、たまたま近くにいたイケメン市議がアプローチしてきたとしたら心がなびいたとしても理解できます。

いずれにせよ、イメージダウンは避けられず、恋の行く末のみならず、政治家としても今後はいばらの道が待っているでしょう。信頼を回復するのは容易ではありませんが、まずは政治活動を真面目に続けていくしかないと思います。

今の日本は「不寛容な社会」と言われますが、若い2人を温かく見守るくらいの度量の広さが必要ではないでしょうか。少なくとも嘘をつき続ける大物政治家よりは罪は軽いはずです。