しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

パワハラ大魔王

今日は久しぶりにムカつきました。朝令暮改部長ではなく、役職的にはさらに上のパワハラ野郎です。

こちらが忙しくなることを喜ぶかのように、せせら笑い、自らは責任をかぶらないのをいいことにせせら笑う。本当に本当に最低な野郎です。

こんなことを書くと私自身の値打ちを下げることは分かっていますが、それでも書かずにはいられません。自分は何も仕事をしていないのに、部下をせせら笑い、助けることなど全くない。朝令暮改部長の方がまだマシです。

かつては部下の胸ぐらをつかんで会社から注意されたにもかかわらず、なぜか出世するのだから、ウチの会社は相当緩いのでしょう。

人望なし、人気なし、信頼なし、のナイナイシックスティーンなのに、出世するんですよ、これが。まぁ、どうでもいいですけどね。

とにかく今日はムカついたので思いっきり愚痴りました。気分を悪くした方にはお詫び申し上げます。