しがリーマンの左遷万歳!

しがないサラリーマンのどこにでもある話

ストレス

軽い衝撃でした。先日、内勤事務をしている女性の派遣社員、といっても在籍20年以上のお局様なんですが、お偉いさんに向かって「来年はこの部署にいないだろうし」とのたまっているのが漏れ聞こえてきました。

私は一瞬、仕事の手を止め、発言者がその女性であることを確認すると「大して責任もないし、毎日定時で帰るくせに、異動直訴とは上等だな」と内心、思いました。

しかし、よく考えてみると、そんな風に思うくらい空気が澱んだ職場で、誰もがストレスを抱え込んでいるんだなと認識しました。ストレスとは仕事の軽重には関係なく、休みが取れないくらい忙しくても、居眠りしそうになるくらい暇でも、その環境に順応してしまったあげく、人間関係や妬みなど、何かと不満を感じて溜まっていくものだと分かりました。

ええトシして、いまだ平社員の私は、大きな会合の時に道案内の看板を持って道に立つことがあります。遠方から来たお客様が迷わないように案内する、小学生、いや、サルでもできる仕事です。

しんどいか、しんどくないかと言えば、立ちっぱなしで下半身が疲れることを除けば、あんなに簡単で楽チンな仕事はありません。割り切ってしまえば、あれで給料がもらえるなんて最高です。

でも実際は「こんなの俺のやる仕事じゃない」などと独りブツブツ不満を垂れています。

やはり、どの環境にいてもストレスは付き物。お金はいつまでたっても貯まりませんが、ストレス貯金は常に満杯です。